MS Officeのライセンスが期限切れ。この機会に互換ソフトを導入することに。主な比較点は、普段使いのメニューの分かりやすさと、常用する「校正」まわりの使用感。

ただ、画面撮影はしなかったけど、グラフと図形を組み合わせたExcelのシートを開いたところでは、LibreOfficeとEIOfficeは図形がズレズレ、Polrarisはズレはないけど描画されない線が一部存在、ほぼほぼ再現できたのはWPSだけだった。

いまキャンペーンでEIOfficeが2000円以下なので悩む。ただデータを読むだけなら、無料のLibreOfficeでも十分だけど、人の文書を作り直すこともあるから、WPS使わないと、仕事にならないかな……。


・OpenOffice(無料)
 普通のテキストだけの文書を開いただけで、ズレがあったので、見送り。

・LibreOffice(無料)
 描画の再現度は高いが、メニューやインターフェイスが、かなりMS Officeと異なる。「校正」は「表示→変更の追跡」で同等機能を実現。
20180712150503

・WPS Office(旧Kingssoft Office)(Standard版5880円)
 描画の再現度、メニュー構成の再現度は高い。フラットデザインがちょっと馴れない。
20180712150346

・Polraris Office(月3.99ドルで1GBまで編集可能)
 こちらもフラットデザイン。ただメニューやボタンが微妙に異なっていて分かりにくい。動作も微妙に重い?
20180712150201

・EIOffice(2700円)
 リボンより前の、立体的なデザインで、かえってMS製品っぽい(笑)。描画の再現度、メニュー構成の再現度は高い。
20180712145422