よくあるブログ

問題、解決、風景のメモ

2004年07月

中島らも死去

さきほど脳挫傷で、入院先にて死去…

大学が大阪だったんですけど、当時はまだ「関西圏で知る人ぞ知る」みたいな人気だったのを覚えています。大学の先輩が大好きで、よく口調をまねていたりしたなあ。
彼のラジオ番組は、神戸ポートピアのレストランから公開中継だったんですけど、当時のガールフレンドとデートにいったのを思い出します。ちょうどいま「風の歌を聴け」を読んでいたので、よけいに思い出深いものがあります。
まあ、首尾一貫した、良い人生だったのかもしれません。ご冥福をお祈りします。

●公式ホームページ(現在記載はなし)
 http://www.age.ne.jp/x/ramo/

今日も涼しいネタをひとつ。北原白秋の「金魚」という唄です。母さん怖いよ…
●「赤い鳥」に掲載された北原白秋の「金魚」
 http://www.d-score.com/ar/A02032706.html

あと歌詞繋がり&大学時代繋がりで。当時の後輩が「バイクを盗む奴だけは許さない!」とマジ切れしていたのを思い出します(笑)。
●尾崎豊
 http://www.utamap.com/show.php?surl=A/A00408&title=%C8%F8%BA%EA%CB%AD&artist=%A5%AC%A5%AC%A5%ACSP

呪怨社

真夏日が続いているので、すこし涼しくなるネタを。

●わら人形の呪怨社
 http://www.uni.ne.jp/jyu/
えーと。丑の刻参り用のわら人形を販売しています(^^;)。壁紙ダウンロードサービスもやってます。
うちの近所なんだよなあ、この会社。社屋を覗いてみたい誘惑に駆られますが、呪われると困るので止めときます。

●画像ブラウザ「picasa」
 http://www.picasa.com/google/
無料使用可能。漢字が文字化けしてしまいますが、複数フォルダ内の画像を一気にチェックできるので、非常に便利です!

ID for WebLiFE

「ID」を購入したので、作ってみた。せっかくだから、俺はこのソフトを使うぜ。

●練習製作:東京の休日
 http://www.yokuaru.com/data/id/
うーん、使いこなすのに、デザインやWebの知識は不必要でも、WindowsXPの知識・フォルダ管理の知識は必要かも(笑)。

日本漫画映画の全貌


東京都現代美術館で開催中の「日本漫画映画の全貌」展を見てきました。
私は、アニメも漫画映画もくわしくないんですが、なかなかおもしろかったです。
カタログを買おうかどうか迷ったのですが、自分が一番惹かれた、戦前の漫画映画に関する部分が薄く、東映動画・ジブリ関連の絵が多かったので、止めてしまいました(類書がいくらでもありますから)。

・世界初のアニメ「ファンタズマゴリー」は、スゴカッタ。十分に現代的な試聴に耐える完成度。

・戦前の日本漫画映画は、“切り絵”で作られていたんですね。ビックリ。

・「こねこのスタジオ」のキャラ原画がかわいかった。「萌え」を感じました。当時の動画表現では、このかわいらしさを再現することはムリだったのか…

・「安寿と厨子王丸」の山椒大夫が、「からくりサーカス」のパンタローネにそっくりだということを知りました…(^_^;)。あごひげの造形とか、表情の印象とか。パクリと言うよりオマージュだと思いますが、ついぞ指摘を見かけたことがないので、ファンには既知の事実なんでしょうか。

●日本漫画映画の全貌(主催の日本テレビのコーナー)
 http://www.ntv.co.jp/mangaeiga/index.html

※美術館は撮影不可でしたので、隣接している木場公園でのワンショットを。
AH-K3001Vの画質は、妙にノスタルジックな色調になるのでおもしろい。

結婚短歌

たまたま検索してて発見したページ。
…ええっと、開設から1か月も経っていないんですけど、怒濤の新展開です。
「たんたんと短歌をうたいます 」とのことなのですが、
こちとらとしては、とても淡々と読んでなんかいられない感じです。

●栗原の短歌ノート
 http://kurihara.seesaa.net/

短歌と言っても、寺山修司の歌集しか読んだことないので、短歌=虚構というスタンスで解釈することにしました(^_^;)。
Twitter
プロフィール

atomik

記事検索
月別アーカイブ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ