よくあるブログ

問題、解決、風景のメモ

出演者逮捕による作品中止問題

とくに考えがまとまっているわけではありませんがメモ的に。

出演者逮捕による作品中止問題。
悩ましいよな。

製品自体に瑕疵がなければ、社長や現場社員が逮捕されても、
自動車や食品は回収されない。
でも映像作品・音楽作品・テレビ番組は、
一出演者が逮捕されても公開中止・回収される。

アート作品なんかの制作者が逮捕されることもあるけど、
「モノを作る技術と、本人の人格は別」として、
これは作品が回収されないこともある。

この点について、海外だと、そのまま作品公開され続けるのは、
役者や制作者の権利が守られているからで、
日本は、役者の「イメージ」を売っているからだ、と考えることもできる。

「技術と人格は別だから無罪」理論なら、
本人の「演技技術」や「タレント性」を売っているだけなので、
役者もセーフになるか、というと、そうならないのは、
日本の役者は、「演技技術」や「タレント性」でなく
「イメージ」商売と思われているから、なのだろう。

-----------

あと被害者の有無というのも大きな要素で、
「被害者が、加害者の顔などを作品でみることで、感情を害する」
という論理が使われるが、じゃあ覚醒剤のような、
直接的な被害者がいない犯罪はどうなの?というと
そこまでは区別されていない。

※むしろ、覚醒剤などのような薬物については、
 テレビ報道で、白い粉や注射器を映されるのが、依存者的には一番キツイらしい。
 なぜなら「ヤリたくなるから」。そりゃそうだ。

どうしても出てくるのが許せない、なにか懲罰を与えないと、というなら、
「120分の作品中、半分以下ならセーフ」みたいにするしかないんじゃないか。
でも、120分でずっぱりの作品なら封印、とされるのも、やっぱりヤダし。

しっかし、いま「いだてん」制作してて、
過去に「あまちゃん」を手掛けてたチームは、落胆大きいだろうなあ。
過去作品は封印の危機、今作品も大混乱。

私個人は、殺人のような重犯罪であっても、冒頭テロップとかに
「この作品は○年○月に制作されました」とだけ入れれば
過去作品はすべて不問でいいとは思う。

※ただもう思考実験なんだけど、たとえば、その制作時期に
 裏で犯罪とかを犯してて、後日発覚したようなケース。
 「ああ、この映画とってるときに、××は人を殺してたのか」とか
 考えるのは気分悪そうだ。あえて見たいというゲテモノ好きもいるだろうが。

-----------

それと、ビデオレンタル、さらにはネットの普及により、
過去作がいつでも気軽に視聴できる環境に変化したことも、
判断に影響を与えている。
たとえば、ビデオやネット普及前であれば、
過去作品が回収されたり上映停止になる、ということ自体起こらない。

パッケージ化されストリーミング配信され、いつでも視聴できるようになったから、
何十年も前に公開された映画、数年前に放送された番組など、
昔なら再視聴できなかったものでも「停止」ということになる。

でも、たとえば「40~50歳のおっさんになってからの犯罪で、
20代のころに出ていた映画が回収されたり配信停止になる」とか、
あまりに不条理ではなかろうか。
どうしてもというなら「○年以上前に、公開・配信された作品は除外」など、
形式的でもいいから、なんか歯止めとなるルールが1つ、いるんじゃないかな、と思う。

Oculus GoでSteamVRを遊ぶ手順メモ

oculus-go

(1)常駐ソフトをすべて停止(遅延防止のため)
(2)セキュリティを一時停止(ファイアウォール管理等)
(3)PC側のWi-Fiを起動し、Oculus Goと同ネットワーク内に繋ぐ。
(4)Oculus Goを、PCにUSB接続(「データへのアクセスを許可」はOKで)
  この手順の必然性がよくわからないんですが、
  たぶんコントローラとしてOculus Go本体を認識させるためと思われます。
(5)PC側で「ALVR」を起動。「管理者として実行」が無難。
(6)「ALVR」で「Start Server」をクリックし、サーバを起動。
(7)同時に、PC側で「SteamVR」が自動起動する。
(8)OG側で「ALVR」アプリを起動。
  SteamVRで「利用可能」表示になった後がいいみたい。
(9)PC側「ALVR」で「Connect」を実行。PCとOGが接続される。
(10)OG側にSteamVRによる画面が表示される。
  ※表示されない・乱れる
    ALVRの表示スぺック(Video)を調整。
    PC:i5-8500@3GHz、メモリ8GB、GTX 1050Ti に対し
    Bitrate:1~8Mbps、Res:1024x512、Buffer:2000kB で
    画面は汚いけどゲームできる程度には動作した。
    あまり安定しないので、数値をいろいろ試す必要あり。
    あと、ロゴが表示されなくてもワイヤーフレームが表示されていれば
    Connectしてるはずなので、(11)に進んでOK。
  ※操作できない
    「Steam」のコントローラー設定を調整
(11-a)PC側「Steam」の「ライブラリ」→「VR」から対応ゲームを選択。
    「VRで遊ぶ」で起動。
(11-b)操作面に問題がなければ、OGから操作してゲームを起動してもOK。
(11-c)VRChat等の場合は、PC側「SteamVR」で
    ルームセットアップ/キャリブレーションも実行。
    「SteamVR」ウィンドウを右クリックしてメニュー呼び出し。
    「立位のみ」で測定。
    「床をキャリブレーション」は身長マイナス10cmが目安。

■画質が汚い、遅延がひどい場合は……
CPU性能、グラボ性能が良いのはもちろんですが、
Wi-Fi親機をIEEE11ac対応に変える」のをオススメ。
我が家は、これで劇的に品質が向上しました。



Oculus GoでVRChatをプレイしてみる - Qiita
https://qiita.com/hakoshiki/items/8775672ccbfe5c90cfa5

ALVRとOculusGOでVR chatやってみました - Qiita
https://qiita.com/Hasshi7965/items/574eb9beece3b5e31b92

【VR】Vive Pro と Oculus Go + ALVR での Skyrim VR 体験の比較
https://joytokey.net/ja/blog/vr/vive-pro-vs-oculus-go-alvr/

Oculus Go: スタンドアローンVRヘッドセット | Oculus
https://www.oculus.com/go/

【Oculus Go】国内正規品がAmazonで販売開始、購入方法やセットアップ、おすすめアプリなど | MoguLive - バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア
https://www.moguravr.com/oculus-go-19/




Oculus GoのTipsいろいろ

download

Oculus Go: スタンドアローンVRヘッドセット | Oculus
https://www.oculus.com/go/

【スぺックメモ】
2560×1440ピクセル
WQHD液晶パネル、538ppi
サイズ:190mm×105mm×115mm
重量:468g
3DoF:頭の前後・左右と回転

・2018年12月に、新型発表?
 前機種との違いについてはあまり情報がなく不明。……と思ってたら、
 「新型発売」とかでなく、単に「Amazonでの取り扱い開始」でした。
 https://www.moguravr.com/oculus-go-19/


・SteamVRのゲームも遊べる?
 正式対応はしてないが、「ALVR」というソフトを経由すれば遊べる。
 ALVRは、PC側クライアントとOculus側アプリを起動させて使う。
 ただし、遅延や画面乱れが多いので、ALVRの表示設定を調整する必要がある。
 コントローラーも、SteamVRの設定で細かく調整するとベター。
 PC側クライアントはWindows 10のみ対応。
 PC側クライアントは「NVIDIAのグラボが必須」とされているが、
 Radeonでも起動する
 具体的には、i7-940@2.93GHz、メモリ6GB、Radeon RX550で動作した。


・メガネをかけたままでも使える
 というか、近眼の人はメガネをかけないと、ピントが合わない。
 マウントのウレタン部分を伸長するパーツが付属しているので、それを使う。
 「お風呂用のメガネ」(ポリカーボネート製メガネ)が超オススメ。
 曇りにくく使いやすい。


・寝っ転がって視聴可能?
 ブラウザやYouTubeなどの視聴系アプリは、顔の向きにあうのでOK。
 ゲームとかは、顔の向きに関係なく、空間が固定されるので、ほぼNG。
 シューティングやコースターだと、空だけ見ることになる。


・ソフト短評。正式提供されているソフトでも動かないモノがある
 ×:動作せず  □:操作なし、見るだけ
 △:内容微妙  ○:遊べる  ◎:面白 (無料版での評価)
 
 × Play with me ホラーゲー。前進しか出来ず、暗い部屋から進展がない
 × LYHO モノクロゲー。ボタンを押して反応がない(パッドのみ動作?)
 △ Desirium 探検ゲー。高難度モードの宇宙探検しか選べない
 △ Oogie GEAR 虫ゲー。視点で操作するタイプ。けっこう面倒。
 ○ DARK DAYS ホラーゲー。よさそうだけど全編英語
 △ Fears Nightmare Coaster アメリカの10代向けケバい世界。単調
 ○ Dead & Buried  FPS。ちょっとコミカルなゾンビ+西部劇+FPS
 △ Dead Body Falls 謎の監視ゲーム。
 ◎ Wonderglade 遊園地でいろいろお遊び。
 ◎ Epic Roller Coasters スタンダードなコースター。
 ◎ Bait! ノンビリした釣りゲーム。

 □△ TerrorCave 洞窟流されゲー。真っ平ら。操作不要。悪趣味かつ長い
 □○ BLADERUNNER2049 スピナー視点の空中戦デモ。
 □○ Sisters ショック系ホラー。短編。
 □◎ Face Your Fears 激恐のショック系ホラー。無料でも分量タップリ。


・PCに保存された動画コンテンツを観るには
 アプリ「SKYBOX」で、同ネットワーク内のPCやNASのコンテンツを視聴可能。
 DLNA視聴アプリ「PLEX」もあるが、DLNAサーバを立てなくても、
 SKYBOXで視聴できる


・Wi-Fiの規格は、IEEE11acに対応
 Wi-Fiでインターネット接続して、アプリのダウンロードのほか、
 動画のダウンロード再生、さらにストリーミング再生が可能。
 ただIEEE11のどこまで対応しているかが不明。現在サポートに問い合わせ中。
 a/b/nまでで、acは対応してないかなあ?

 ※2019-01-08追記
 先ほど日本のサポートチームより回答をいただき
 「Oculus GoはWi-FiのIEEE11acに対応しております。」
 とのことでした。Wi-Fi環境を変更することで、
 ストリーミング、ALVRなどは大幅改善されるかもしれません。

↓のブログにも情報がたくさんまとまっていてオススメです。
Oculus Go 購入方法 使い方 困ったこと 注意点 まとめ | ハガクレブログ
https://vr-some.com/post-17/#toc_id_7



Twitter
プロフィール

atomik

記事検索
月別アーカイブ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ