よくあるブログ

問題、解決、風景のメモ

Office互換ソフトを見た目で比較(グラフ編)

前回の続き。
MS Office 2007(Excel 2007)で作ったxlsxファイルを、互換ソフトで開いて比較。
ここでもやっぱり、WPS Officeが安定感抜群だった。

まずはベースになる、MS Office 2007で作ったグラフ。
数値から自動生成して、線などを付け加えている。
0MSOffice


LibreOfficeで開いた画面。
文字のバックを白抜きにしていたのが再現されていない。
さらに右側の縦線は非表示になり、左側の縦線は微妙に傾いている。
1LO


WPS Officeで開いた画面。
円グラフ中央の文字の位置が、やや左側に寄っているが、おおむね元通りに再現されている。
2wps


Polaris Officeで開いた画面。
ぱっと見は悪くないが、縦線がすべて消えてしまった。
円グラフ中央の文字も、字送りが変わってしまい、末尾の「)」が消えている。
3pol


EI Officeで開いた画面。
文字寄せ、書体、縦線・横線、文字の白バックなど、すべて再現に失敗。
グラフ周囲に枠線が出るなど、一番再現率が低かった。
4ei


あくまで、「たまたま検証用に作ったグラフでの再現度」であって、
すべてのOffice互換ソフトにおいて、同程度の再現性を保証するものでもないし、
お互いの優劣を決める物でもありませんが、ご参考までに。

私個人は、有料ソフトですが、WPSを購入して使っております。

Office互換ソフトを見た目で比較

MS Officeのライセンスが期限切れ。この機会に互換ソフトを導入することに。主な比較点は、普段使いのメニューの分かりやすさと、常用する「校正」まわりの使用感。

ただ、画面撮影はしなかったけど、グラフと図形を組み合わせたExcelのシートを開いたところでは、LibreOfficeとEIOfficeは図形がズレズレ、Polrarisはズレはないけど描画されない線が一部存在、ほぼほぼ再現できたのはWPSだけだった。

いまキャンペーンでEIOfficeが2000円以下なので悩む。ただデータを読むだけなら、無料のLibreOfficeでも十分だけど、人の文書を作り直すこともあるから、WPS使わないと、仕事にならないかな……。


・OpenOffice(無料)
 普通のテキストだけの文書を開いただけで、ズレがあったので、見送り。

・LibreOffice(無料)
 描画の再現度は高いが、メニューやインターフェイスが、かなりMS Officeと異なる。「校正」は「表示→変更の追跡」で同等機能を実現。
20180712150503

・WPS Office(旧Kingssoft Office)(Standard版5880円)
 描画の再現度、メニュー構成の再現度は高い。フラットデザインがちょっと馴れない。
20180712150346

・Polraris Office(月3.99ドルで1GBまで編集可能)
 こちらもフラットデザイン。ただメニューやボタンが微妙に異なっていて分かりにくい。動作も微妙に重い?
20180712150201

・EIOffice(2700円)
 リボンより前の、立体的なデザインで、かえってMS製品っぽい(笑)。描画の再現度、メニュー構成の再現度は高い。
20180712145422


プロジェクタを購入

小さい頃からなんとなく憧れてて、
極めて高額なわけでも偏愛しているわけでもないのですが、
手にしていない商品とかがあります。
「これを手にしてしまったら、いろいろマズい。引き返せないよな……」
という予感がするというか。

個人的1位は「猫」、2位は「プロジェクタ」、3位は「葉巻」です。
1位の猫様はすでに10年以上前にお迎えしていたのですが、
今回ついに、というか、つい、プロジェクタを買ってしまいました。

FUNAVO プロジェクター ホームシアター
高ルーメン 1080PフルHD対応 1280×800解像度 台形補正 日本語説明書付
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B076KQ6NFX/
1280_P1010038


=========================================

うちの寝室に、ほどよい壁面があったのですが、
隣のアパートに面していたため、灯りや雑音で難点があったのです。
それが最近、隣の住人がゼロ人になり、
良好な視聴環境ができあがってしまった、というのが理由です。
1280_R0017035


EPSONやSONYなどの日本製品が品質良好とは分かっていますが、けっこうな値段ですし、とりあえずは廉価な製品で試してみよう!と考えて、約2万円の中華製品にしました。
基本条件は、
・価格2万円前後(安ければなおよし)
・フルHD対応
・設置角度調整、天地反転などの機能は自分は関係ないので無視
・とにかく高ルーメン・高コントラスト
といったところ。

※そういえば、プロジェクタとかヘッドホンとかスマートウオッチとか、デジタルガジェットをAmazonで探すと「Yamay」「Kingda」「Muzili」「DAWO」「DBPOWER」「Mpow」「TaoTronics」など謎メーカーがヒットし過ぎ。しかも微妙な日本語で満点評価連発……

=========================================

今回購入したのは「FUNAVO」というメーカー品。
社名を検索してもAmazon以外でヒットしなくてヤバイです。
(でも、なんとなく聞き覚えアリ? FUNAIのイメージと混同してるのかも…)

説明書に日本語あり、機器側のメニュー画面も日本語です。
ただし何もつないでいないときの表示が「無信號」とかで、一瞬びびります。
1280_P1010045


で、実際に使い始めてみると、超良好な画面で満足度が高くてヤバイです。
デビュー1作目として『ブレードランナー2049』をAmazonビデオで購入して視聴。映画館で視聴しているような感覚を再現でき、これはいい……。
手を出してはいけないものに手を出してしまったと、あらためて実感。
1280_P1010044


以降も、『バーフバリ』『SAW』『ダークシティ』『月に囚われた男』などをガンガン視聴。『ポプテピピック』などのTV番組も、プロジェクタで視聴するようになってしまいました。

=========================================

壁面との距離&ほどよい高さを確保するため、
天井釣りではなく、カインズホームの物干し台に乗せる形(笑)にしました。
あと音響は、ヘッドホンとBluetoothスピーカー接続を使い分けできるよう、ノイズキャンセリング搭載ヘッドホンとBluetooth発信器を新たに導入。
さらに、昔懐かしメガドライブを引っ張り出してきて、大画面でゲームをプレイしたり。
1280_P1010037
1280_P1000988


とにかく、配線だの周辺ガジェットだの、際限なく凝り始めていて、案の定ヤバイです。
カテゴリ別アーカイブ
Twitter
プロフィール

atomik

記事検索
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ